院長ブログ「はやり目」

2020.12.15ブログ

 はやり目とは、流行性角結膜炎といい他人にうつる結膜炎です。

プール熱と同じ「アデノウィルス」というウィルスが原因で発症します。感染力は非常に高く、家庭内や職場でどんどんうつっていくことがあります。

 冬と夏に流行することが多いですが、それ以外の時期でも見ることがあります。

症状としては、充血や目やにを伴うことが多くひどくなるとまぶた全体が腫れることもあります。片眼の症状が出現したのち、反対眼にうつることもよくあります。

 ひどくなると角膜に混濁を生じたり、治癒遅延などにもつながりますので、早めの受診をおすすめします。

 受診の際は、いつからどのような症状で周りに同じような症状の方はいないか、など看護師がお話を伺います。感染拡大防止のため通常の待合室と違う場所へのご案内となります。

 コンタクトレンズなどを使用されている方は、着けて帰っていただけないことが多いので眼鏡のご持参をお願いいたします。