白内障手術のご案内

白内障とは

人の目の中でカメラのレンズにあたる部分を水晶体(図1)と呼び、ここが濁ってくる病気を白内障といいます。


図2の左はかなり進行した白内障で、右は手術後の眼内レンズを埋め込んだ状態です。

  • 図1
  • 図2
白内障手術について

手術は約2.5mmの創(きず)から超音波で水晶体を削り、吸い出す(超音波乳化吸引術)という方法が多く行われております(図3)。


白内障手術の目的は、濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを埋め込むことです(図4)。手術は局所麻酔で行われ、手術中は痛みをほとんど感じません。


手術時間はおよそ10分程度ですが、手術が難しい例などではそれより時間がかかることもあります。

  • 図3
  • 図4
リカバリー室

手術前後はこちらのお部屋で過ごしていただきます。
安心して手術が受けられるよう御案内いたします。

手術後の生活について

  • 手術後、約1週間は日常生活においても特に注意が必要になります。
    それは術後の傷口の安静と合併症の1つである感染を予防するためです。
  • 手術後は、まぶたを強く閉じたり指で押したりすることはもちろん、目に水が入らないように注意が必要です。
  • 力仕事や激しい運動、サウナといったものを除いてはほとんどの日常生活が1週間ほどで通常と変わらず送ることができるようになります。
  • 当院でも保護用ゴーグルなどを推奨しておりますので、ご用命の際はスタッフまでお声かけ下さい。
  • 手術後は1日目、2日目、4日目、1週間後、2週間後、1カ月後・・・と診察が必要になります。
    必ず受診されてください。
  • 手術後の点眼もとても大切になりますので、よく手を洗い清潔に点眼できるよう心がけてください。

手術翌日からできること

シャワー(首から下)

洗濯、料理などの家事

デスクワーク

ひげそり

喫煙

散歩

おしぼりで顔を拭く
(目の周りは優しく)

手術後4日目からできること

入浴・洗髪

洗顔

お化粧

手術後1週間目からできること

飲酒

自動車の運転
(自己判断で)

手術後2週間目からできること

トレーニングジム

激しい運動

力仕事

温泉・サウナ

メガネの作成

手術のあとは1カ月位は度数の変化が大きい時期ですので、視力が落ち着いたころに作成するのが望ましいと思います。