ホーム > 診療のご案内 > 糖尿病網膜症について

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症とは、糖尿病によって網膜の血管が徐々につまり、視力低下をきたす病気です。


糖尿病を発症して10年たつと約50%の患者に糖尿病網膜症を認めるといわれています。糖尿病網膜症の初期段階では、自覚症状は全くありません。そして自覚症状がでた段階では、すでに重症になっている場合がほとんどです。


早期発見、早期治療がとても重要なので、定期的に眼科受診をしましょう。

  • 眼底写真
  • OCT画像 黄斑部が腫れています
  • OCT画像(正常人) 中心がなだらかに陥凹しています

単純網膜症

まだ軽度の眼底出血がある状態で、治療は血糖コントロールです。
ただし黄斑浮腫がある場合は、視力低下するので抗VEGF療法などの治療が必要になります。

増殖前網膜症

血管がだいぶつまっている状態で、眼底出血も多くなります。まだ新生血管という悪い血管がでていない状態です。ここまで進行しても黄斑浮腫がなければ自覚症状はないことが多いです。網膜光凝固術が必要になることがあります。

増殖網膜症

広範囲の網膜血管がつまっている状態で、新生血管という悪い血管がでています。放置するといずれ確実に失明します。網膜光凝固術、抗VEGF療法、硝子体手術などすべての治療を行って失明を防ぎます。

糖尿病網膜症の治療

  • 網膜光凝固術
  • 抗VEGF療法
  • ステロイド眼局所注射
  • 硝子体手術

など。重症度によって適切な治療が必要です。
不明な点がございましたら、お尋ねください。